Category Archives: 院長 木俣肇ブログ

アトピー性皮膚炎に保湿剤は不要です

 アトピー性皮膚炎に保湿剤を塗布されている方々が多いのですが、保湿剤ではアトピー性皮膚炎は改善しません。現在、保湿剤を塗布して皮膚からのアレルゲンの吸入を阻害するという考え方がありますが、当クリニックに保湿剤を塗布してこられる方々は、感染症で悪化している場合が多く見られます。

アトピー性皮膚炎は細菌感染症の合併が多く、保湿剤は傷を覆ってしまい、細菌感染症は悪化します。更に皮膚は保湿剤がないと乾燥がひどくなる保湿剤依存症になります。こうなると悪循環で、いつまでも皮膚の乾燥は改善しません。

しかも保湿剤の塗布はリバウンドを起こす場合があります。ある方は、ステロイドを塗布していなくて、保湿剤でアトピー性皮膚炎を治療していて改善せず受診されました。保湿剤を中止しましたらリバウンドを起こしました。当クリニックの治療で改善しましたが、リバウンドの改善には時間がかかりました。

当クリニックでは保湿剤は塗布せず、外用薬は傷のみ塗布してもらい、その上から布(リント布と竹布というものがあります)でカバーしてもらいます。傷のない箇所には外用薬は塗布しません。この方法で次第に皮膚も強くなり、傷もできにくくなりますし、皮膚の乾燥も改善します。

保湿剤を塗布している方々は、そのことが皮膚を痛めていることをよく理解してください。塗布している時には皮膚の乾燥はマスクされていますが、皮膚の保湿力は改善していません。アトピー性皮膚炎に保湿剤は不要です。

 

 

 

 

ハリー・ポッターに助けられて

 ハリー・ポッターを最初に日本語版で読んでまあまあ面白いと思いました。その後映画になりましたので観に行き、英語の美しさに感動しました。日本語版ではそのことはわかりませんでした。すぐに原書を買いに行き、その当時は1巻から3巻まで出版されていたので、3巻全部を買いました。

1巻目から英語の素晴らしさに圧倒されました。ストーリーも秀逸ですが、日本語版では味わえない英語の微妙な言い回しや、作者の造語も物語をより奥深くしています。時間のある限り夢中で読みました。感動のうちに1巻を読み終わると、2巻を読み、また大きな感動をもらい、3巻に進みました。素晴らしいと思いました。まだ4巻は出版されていなかったので、3巻を読み終わると1巻に戻り1巻から3巻をそれぞれ2回読みました。

読んでいるときは至福でした。実はこの時、勤務している病院の売却問題があり、大きなストレスで病院全体が暗いムードでした。しかし私はハリー・ポッターのおかげで、生き生きとして仕事も明るく楽しくできました。つまり私はハリー・ポッターに助けられてストレスを克服できたのです。

アトピー性皮膚炎ではストレスが重要な因子になっています。ストレスを克服しながら治療すると改善が早くなります。逆にストレスにさいなまれると改善が遅れます。ですので何か自分が夢中になれるストレスを発散させるものを見つけてください。読書でも、映画でも、音楽でも、スポーツでも、何でも結構です。アトピー性皮膚炎は生活しながら改善させる病気です。

そういうものがあれば、生活は生き生きとしてアトピー性皮膚炎の改善に役だちます。是非、その「何か」を見つけてください。ちなみに、私はハリー・ポッターの原書を全巻読みました。読んでいる間、生きていることはこんなに楽しいと思い、仕事も精力的にできました。自分にあった人生の楽しみを見つけてアトピー性皮膚炎を改善させてください。

木俣とジブリ

 私はジブリの大ファンです。ジブリの作品はもちろん大好きですが、ジブリの運営にも興味があり、その見事さに敬意を払っていました。ジブリの作品がヒットするのは素晴らしいからですが、その作品を世に出すには色々な方々の協力が必要です。それを仕切って運営されている方が鈴木敏夫プロデューサーさんです。鈴木敏夫プロデューサーさんの活躍を知るようになり、この方がジブリを支えていることがわかりました。

その頃、私は京大病院に勤務していましたが、鈴木敏夫プロデューサーさんにお会いしたくなり、学会が関東であり、その時にお会いしたいことを、若気の至りで手紙等にて連絡をとりました。今思えば面識もなく、本当に失礼なことをしたものです。しかし、鈴木敏夫プロデューサーさんは多忙な中で時間を作ってお会いしてくれました。誠に寛大な方です。

そして色々なことを長時間話してくださり、ジブリの映画製作と興業に関する方針を教えてくださいました。その他、色々な話もしてくださいました。私にとっては非常に勉強になる話で、本当に感謝しています。ジブリは今後も素晴らしい作品を作り続けて欲しいと思います。

私も診療に全力を尽くし、アレルギー疾患で困っている方々を改善、治癒させるように精進いたします。心に何かよりどころがあると、人は毎日楽しく生き生きと生活できます。ジブリの作品を観る度に私は活力をもらっています。それは診療を精力的にする励みになります。

アレルギー疾患でお困りの方々は、そういう楽しみを見つけて活力をもって治療してください。そうすれば改善、治癒は早まります。

 

 

アトピー性皮膚炎と不眠

 アトピー性皮膚炎で睡眠は大切な要素です。睡眠が十分にとれないと、症状の改善が遅れます。熟睡できますと、症状の改善が早まります。また寝るタイミングも重要です。夜更かしは良くありません。早く寝ることは睡眠中の成長ホルモンの分泌が増し、皮膚に良い影響を及ぼします。 

不眠の原因は色々あります。痒みが強いとか、またストレスやリバウンドでも不眠は起こります。注意すべきことは、昼夜逆転してしまうことです。昼寝てしまうと、ますます夜は不眠になります。そうなるとアトピー性皮膚炎も悪化します。昼は寝ず、夜に早く寝るのが大切です。夜に早く寝て夜中に起きても大丈夫です。

不眠が強い時は、症状に応じて成人には睡眠薬を内服してもらいます。小児なら抗不安薬は安全に内服できますので内服してもらいます。不眠が改善するまで内服を続けてもらい、改善したら中止します。当クリニックには、不眠の成人や小児の方々が多く受診されますが、アトピー性皮膚炎の治療に加えて、前述の内服療法で改善されています。

生活習慣も大切で、寝る前にパソコンや携帯電話を長時間するのは良くありません。寝る前には音楽を聴くとか、ストレッチをするとかして、リラックスするのが良いです。朝は早く起きて朝日を浴びてください。薬物療法に加えて適切な生活習慣で、アトピー性皮膚炎の不眠を改善してください。

迷う時には相談して希望を

 アトピー性皮膚炎では長期の治療が必要です。
特にステロイドを使用していて中止によりリバウンドを起こした場合、痒みが強く不眠で困っている場合、細菌感染症や単純ヘルペス感染症を繰り返す場合、等、改善と悪化を繰り返すことがあります。
しかし、次第に改善が悪化より多くなり、回復に向かいます。


 そういう時に大切なのは希望です。特に今は情報が氾濫していて、ステロイドの利点だけを伝える情報もあります。しかしステロイドは一時しのぎの薬です。長期塗布では色々な副作用が出ます。
私は、アトピー性皮膚炎の治療では、患者―医師の信頼関係が非常に大切で、協力して一緒に治療するというスタンスで診療しています。
そして、私の経験から希望を与えられるような情報をお伝えしています。


更に、当クリニックでは、素晴らしいスタッフの方々がチームワークで診療を支えてくれます。
これは病院勤務ではなかなか難しく、クリニックでの診療の大きな利点で、スタッフの方々に感謝する日々です。
私はできるだけ詳細に説明してはおりますが、診療後も待合室でスタッフの方々が患者さん達に色々なアドバイスをして、患者さんをサポートしてくれています。


 実例:小児の方でステロイド中止後のリバウンドで受診されました。全身のリバウンドで、痒みも非常に強く、夜も不眠でした。細菌感染症も合併していて、浸出液で全身がじくじくでした。当クリニックの治療で改善は見られましたが、全身のひっかき傷も多く、かゆみと夜間の不眠は続き、ご両親が非常に疲れて、一時的にステロイドを使用を希望されました。

 私はもちろん詳細に説明してステロイドを使用しないようにアドバイスしました。しかし、ご両親が今の辛さから一時的にも開放されたいという気持ちも強く、迷う日々でした。そういう時、スタッフの方々がご両親に色々アドバイスして下さり、ご両親は希望を持つことができ、結局ステロイドを使用せずに、お子さんは約1年後には著明に改善されました。

【過去の院長ブログより】

細菌培養の重要性

 当クリニックでは細菌培養をしてアトピー性皮膚炎の患部にいる細菌を同定します。この検査は皮膚を軽くこするだけで痛みもなく簡単にできます。
アトピー性皮膚炎は細菌感染症で悪化しますので、細菌を同定するのは非常に重要です。この検査をしないと、細菌の種類がわからず効果のない抗生剤を投与することもあり、その場合は症状は改善しません。

 アトピー性皮膚炎に明らかにとびひ状態(細菌感染症が広がった状態)が合併していても、ステロイドやプロトピックによる治療がされています。ステロイドもプロトピックも免疫抑制剤ですので細菌感染症は悪化します。このことが理解されていません。内服の抗生剤が投与される場合もありますが、ステロイドやプロトピックが併用されて塗布されていますのでなかなか改善されません。

そういう状態の方々が当クリニックには多く受診されます。細菌培養をして、効果のあると思われる内服の抗生剤を投与します。すぐ投与するのは細菌培養の結果が出るのに数日かかりますので、それを待っていては状態が悪化するからです。
 更に当クリニックでのアトピー性皮膚炎の治療としての、内服の抗アレルギー薬と抗ヒスタミン剤(かゆみどめ)と、外用の消毒液と抗菌剤を使用し、患部をリント布(皮膚を保護する布)でカバーすることで改善します。

実例:色々な医療機関を受診してアトピー性皮膚炎が改善されない方が受診されました。症状からMRSA(抗生剤耐性の黄色ブドウ球菌)による感染症の合併と思い、細菌培養をしましてMRSAに効果のある内服の抗生剤を投与しました。同時に前述の当クリニックの内服と外用治療をしました。細菌培養の結果はやはりMRSAでした。そしてその後治癒されました。今まで一度も細菌培養をしていないのでMRSAとわからず、有効な治療がされていなかったわけです。

 

 実例のようにアトピー性皮膚炎が改善しない場合は細菌培養をしてください。そしてその細菌を撲滅する適切な治療をしてアトピー性皮膚炎を改善させてください。

【過去の院長ブログより】

アトピー性皮膚炎と単純ヘルペス感染症

 アトピー性皮膚炎には単純ヘルペス感染症が合併することがあります。しかし、このことがあまり理解されていません。

アトピー性皮膚炎の悪化としてずっとステロイド塗布をしていて、単純ヘルペス感染症とわからずに改善しない場合もあります。


典型的な単純ヘルペス感染症の水疱が見つかればすぐ診断できますが、かき壊して水疱が傷になって見つかりにくい場合や、または典型的な水疱がはっきりしない場合もあります。
アトピー性皮膚炎には単純ヘルペス感染症が合併するということを、常に念頭におくべきです。


 ある方は、体の色々な部位に単純ヘルペス感染症がありましたが、アトピー性皮膚炎としてステロイド塗布を長期にされていました。私の所に受診されましたが、単純ヘルペス感染症とわかりました。単純ヘルペス感染症に対する内服を投与し、同時にアトピー性皮膚炎の治療をして、単純ヘルぺス感染症もアトピー性皮膚炎も完治されました。

 別の方は、顔面の単純ヘルペス感染症でしたが、診断がつかないままステロイド塗布をしていました。改善しないままでしたが、知人より私のことをきいて受診されました、すぐ治療して完治されました。

 このようにアトピー性皮膚炎に合併する単純ヘルペス感染症は診断が難しい場合があります。アトピー性皮膚炎が改善しない場合や、いつもと違う症状がある場合は、単純ヘルペス感染症を疑ってもよいと思います。


アトピー性皮膚炎における生活習慣の重要性

 アトピー性皮膚炎は生活習慣が関連しています。
私はアトピー性皮膚炎には脂肪肝の合併が多いことを報告しました。
 脂肪肝がある方は、脂肪肝を改善するような食生活をしていますと、アトピー性皮膚炎も早く改善します。
アトピー性皮膚炎に脂肪肝が合併することは、その後に動物実験でも確認されました。



 また夜更かしすること、パソコンや携帯電話を長時間すること、甘い物や脂っこい物の食べすぎは症状を悪化させます。早寝早起きして、和食にするのが有効です。
添加物を避けることも大切です。お菓子類も減らしてください。


 入浴もまた重要なポイントです。体もごしごし洗うのは、皮膚を傷めて良くありません。皮脂もとってしまうので、体は局所など汚れている所だけを洗い、アトピー性皮膚炎の所は流すだけが良いのです。お風呂に長く入るのもかゆみが強くなり良くありません。
お風呂は短めに入るか、シャワーだけにするのが有効です。


 アトピー性皮膚炎は薬物療法に加えて生活習慣が重要です。
規則正しい生活習慣で改善を早めてください。

当クリニックで薬物療法と正しい生活習慣でアトピー性皮膚炎が治癒された方は、薬物療法をやめても、生活習慣がしっかりしているので、再発することは非常にまれです。強いストレスがあったとか、感染症をおこした時とか、そういう外的要因が原因の場合で再発する場合がありますが、治療で速やかに治癒されています。

リバウンド

 アトピー性皮膚炎でステロイドやプロトピックを使用していて中止すると、リバウンドというアトピー性皮膚炎の悪化状態が発症することがあります。また、保湿剤やグリチルリチン酸を含んでいるスキンケア―アイテムでも使用して中止すると、リバウンドが発症する場合があります。リバウンドの発症と症状および治療が、一般的によく理解されていません。



 前述の外用剤ではアトピー性皮膚炎は治癒しません。これらは対症療法です。これらで改善しない方々が使用を中止して、リバウンドが発症すると医療不信になる時もあります。そしてそのまま治療を中止する方々もいらっしゃいます。どうしてよいか困惑されると思います。



 リバウンドを発症した方々が治療の為に医療機関を受診した場合、リバウンドを理解されていない医療機関では、ステロイドやプロトピックの再使用になります。保湿剤も使用されると思います。そうするといつまでもこれらがやめられません。やめたら悪化するという不安もあり、これらに依存性を作ります。



 当クリニックにはリバウンドを発症した方々が全国から多数受診されますが、前述の外用剤は使用しません。リバウンドの治療は抗アレルギー薬と抗ヒスタミン剤(かゆみどめ)の内服と抗菌薬等の塗布です。塗布は傷だけを消毒液と抗菌薬等を塗布します。内服が必要な細菌感染症や単純ヘルペス感染症の合併がある場合は、適切な内服の抗生剤や抗ウイルス剤を投与します。その他、症状に応じて必要な治療をいたします。



 当クリニックの治療でリバウンドは改善しますが、改善に要する期間は個人差があります。症状も多岐にわたります。軽症な方々から重症な方々まで様々です。改善には数ヵ月以上かかる時もありますが、リバウンドの改善と共にアトピー性皮膚炎も改善します。家族全員でリバウンドを理解して頑張ってください。



尚、リバウンドを発症してから治療するよりも、発症前から治療したほうが効果的です。ステロイド、プロトピック、保湿剤、グリチルリチン酸を含んでいるスキンケアーアイテムを中止したい方々は、これらを中止せずに当クリニックを受診してください。受診時に当クリニックの治療を開始して、これらを中止してもらいます。リバウンドを乗り越えて、アトピー性皮膚炎が治癒されることを願います。